アパレル 初心者

アパレルブランド 立ち上げ 初心者によくある失敗

アパレルブランド 立ち上げ 初心者によくある失敗

 

私の生活環境からか、アパレルブランド(ファッションブランド)を立ち上げたい。脱サラを考える人、副業したい人、流行に敏感な若者などから、相談やお悩みなどのお話しをよく聞きます。

 

そのお話しの中には、「これは上手く行かないだろうな。」と思う事もあります。

 

なぜ上手く行かないのか?理由は簡単です。

 

ブランド立ち上げで、失敗する人とは?

勿論、全ての方に該当する訳ではないですし、該当した方でも成功する方もいるかもしれませんので参考程度に読んで頂ければと思います。

 

若者が好きな代表的なストリートブランド、シュプリーム(Supreme)があります。今や絶対的なブランドとして多くの若者を虜にしているブランド。

 

自分もそんなブランドを作りたい。そう思う方も多いのでないでしょうか?

 

本記事では、アパレルファッションブランドを立ち上げる方に多くみられる、ファッションブランド立ち上げで失敗する思考、傾向を記述致します。

 

憧れからブランドを立ち上げる思考

カッコイイ、自分もそうなりたい。という思考はとても良い事だと思います。しかしそうなりたい為の努力と成果が正しい方向を向いて結果を出す事がとても重要です。

 

 

若者に多く見られる傾向は、ブランドのリスペクト。

多くの若者は、ブランドに魅せられブランドの真似をします。

 

 

しかし憧れからのブランディング、ブランドリスペストは次のような危険性も秘めています。

 

1.デザインの類似

デザインの類似と言っても、服のブランドでも様々なデザインからインスパイアされてデザインされている物もあります。

 

例えばシュプリームで有名な、真っ赤なボックスロゴ。

 

これは、あるデザインを流用したデザインになり、完全にオリジナルと言う訳ではありません。

 

バーバラ・クルーガーのプロパガンダアート

バーバラ・クルーガー (1945年1月26日生まれ)はアメリカの コンセプチュアル・アーティスト、 コラージュ作家。[1] 彼女の作品のほとんどは、モノクロ写真に赤地に白色のフォント(Futura Bold ObliqueまたはHelvetica Ultra Condensed)を使った宣言文を重ねて構成する。 彼女の作品のフレーズには頻繁に、「あなた」、「あなたたち」、「私」、「私たち」、「彼ら」などの代名詞が含まれ、権力やアイデンティティ、セクシュアリティの文化的な構造に呼びかける。 クルーガーは現在、ニューヨークとロサンゼルスを拠点にしている。

創業者のジェームス・ジェッビアが、バーバラクルーガーのデザインアートにインスパイアされたことはとても有名な話で、インスパイアなのか盗用なのかは別の話。

 

画像を見て頂ければわかるように、写真、フォント(文字)、赤のボックス、色、完全一致です。

 

アパレルブランド 立ち上げる 初心者によくある間違い

 

シュプリームもデザインは引用していますが、アパレルファッションブランドからの引用ではありません。

 

憧れから起業される方の多くは、人気ファッションブランドから自分のオリジナルブランドへの流用が多く見られます。酷似している商品は規模にもよりますが、相手ブランドから訴えられるケースもあります。

 

実際にが訴訟され、逮捕されたケースもあります。逮捕のケースは珍しいですが、アパレル業界ではパクリの裁判は日常茶飯事です。

 

デザインの流用はファッション業界で、デザインの盗用は毎日のように繰り広げられているグレーゾーン。

 

しかし、ブランドを立ち上げたばかりのブランドが発進するボックスロゴと、シュプリームのボックスロゴ。

同じ価格なら多くの消費者はシュプリームの商品を購入します。

 

そのデザイン。欲しいのは自分や身内の方だけではないですか?

 

次のページへ >

-アパレル, 初心者

Copyright© Garments Style , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.